理工学部理工学科応用化学システムコース・ 大学院先端技術科学教育部 物質生命システム工学専攻化学機能創生コース

ENGLISH

教育カリキュラム

理念(教育目的)

 応用化学システムコースは, 生活(理学)から産業(工学)に至る多様な分野に要求される素材提供に関わる化学について学修する分野である。そのために, 全学生が備えるべき基礎学力を教授する理学的化学と各専門分野で必修となる工学的化学を明確にすることにより, 理工学を意識した人材を養成する。理工学各分野の基礎知識とともに, 物質を原子・分子のナノスケールサイズで捉え, 理解しようとする先端化学の領域とその応用に関わる基礎化学分野, つまり理学的化学と, 化学反応プロセス, 新材料創出, 新エネルギー創出, 資源環境等に関する工学的化学の融合に基づき, 物質生産と社会の抱える諸問題に化学の観点から解決に取り組むための高度な知識を教授する。

教育目標

I. 人間としての重要な枠組形成のための教育目標

A. 豊かな人格・幅広い教養および自発的学習意欲の育成

1.学問への好奇心や興味を喚起し,自ら能動的に知識を求め,それを生きた形で幅広く吸収して新しいものを創成する原動力の育成

2.社会的使命感,倫理観,歴史観(科学技術史)を備えた化学者・化学技術者としての素地の育成,および将来科学者・技術者となる目的意識の育成

など,科学者・技術者としてあらゆる思考の根幹が備わるように常時教育育成する.

II. 社会を基盤とした人的情報交換のための教育目標

B. 地域社会・国際社会で活躍できる科学者・技術者の育成

1.文化や倫理観を,地域社会から国際的な立場まで考えることのできる能力

2.グローバル化社会での情報交換−収集および情報解析ができる能力

3.国内外に通用する論理的な記述力,口頭発表力,討議能力などのコミュニケーションの基本能力

により,技術面,文化面から相互理解,交流ができる科学者・技術者を育成する.

III. 理工学の基礎および専門知識による分析力と探求力を育成するための教育目標

C. 理工学基礎に関する論理的な解析力・思考力・探求力の育成

1.微分方程式を中心とする数学

2.量子力学,物理学基礎実験を主とする物理学

3.情報機器を活用する情報技術

4.他コース専門科目

と,それらを応用できる能力を養うことにより,自然科学的知識を通して論理的思考力を身につけ,専門基礎,専門応用への展開を容易にし,化学現象を様々な点から捉え 理工学へと発展できる科学者・技術者を育成する.

D. 専門基礎に関する知識と応用力を有する科学者・技術者の育成

1.応用化学システムコース専門3分野の土台となる基本知識(有機化学,高分子化学,物理化学,分析化学,無機化学,化学工学等)

2.応用化学の基礎と関連する広範な分野の基本知識(安全工学,労務管理,生産管理等)

などの範囲の広い専門基礎学力を有する科学者・技術者を育成する.

E. 専門3分野の基礎知識に基づいた応用力を有する科学者・技術者の育成

1.物質合成化学に関する基本的な知識

2.物質機能化学に関する基本的な知識

3.化学プロセス工学に関する基本的な知識

に関する基礎知識の修得と,実験演習を通して応用力を身につけた科学者・技術者を育成する.

IV. 専門知識による問題解決力、ものづくりへの応用力を育成するための教育目標

F. 専門的課題について問題解決力を有する科学者・技術者の育成

1.卒業研究

2.雑誌講読

を通じて,論理的な解析力・応用力、適正な判断力によって“ものづくり”ができる能力と同時に,各自の研究調査についてプレゼンテーションやコミュニケーションできるよう な広い視野から社会に貢献できる素養を備えた化学者・化学技術者を育成する.

教育内容の特徴

 応用化学システムコースでは, “化学はよりよい明日の生活を創造し, 人間の健康と地球環境生態系保存との調和をはかる専門分野である”と考え, 将来学生が化学の役割と化学者・化学技術者であることに誇りを持ち, 育つことを目指している。このような考えの基に, 物質の分子・反応設計から製造プロセスにわたる基礎から応用に至る幅広い知識と技術を習得させる教育を行い, 人間と自然が共存する新しい豊かな社会に向かって行動・貢献する人材を育成する。
  現代の化学技術の飛躍的発展は, 化学の基礎理論とその応用技術に負うところが大きい。応用化学システムコースでは, 各種の高機能性物質材料の分子設計と合成手法の開発に関する物質合成化学講座, 物質の構造と機能の実用的応用の基礎となる集合状態の特性を微視的立場から解明する物質機能化学講座, ならびに化学工業における製造プロセスの開発と装置プラントの設計, 保全に関する化学プロセス工学講座が, それぞれ相互に協力して物質の分子設計から製造工程にわたる広範囲の教育・研究を行い, 産業界の要請に応えうる人材養成をめざしている。新しい化合物の合成や材料開発, さらにシステム開発に対応するためには, 基礎学力と柔軟な応用力が必要であるため, 以下に述べる科目の分類とカリキュラムマップおよび教育課程表を参照して, 各自が自主的・計画的に学習することが望まれる。カリキュラムの編成にあたっては, 基礎から応用までの専門知識を系統的に体得するとともに, 豊かな人格, 幅広い教養および倫理観を身につけ, 自発的に問題を解決する能力や, 創造性, 表現力, コミュニケーション能力を備えた化学者・化学技術者を養成することを目的としている。

 1年次では歴史と文化・人間と生命・生活と社会・自然と技術などの一般教養科目群と, グローバル化教育科目群, イノベーション教育科目群, 基礎基盤教育科目群, 汎用的技能教育科目群, 地域科学教育科目群および外国語教育科目群からなる教養教育科目のほか, 専門課程への導入教育として, STEM概論, STEM演習, 物理化学序論および有機化学序論が開講される。数学と物理の基礎および物理化学・有機化学・無機化学・分析化学・化学工学の基礎に関わる諸科目は, どの分野に進む場合でも専門基礎として必要であるため, 主として1年次から2年次にかけて必修科目として組み込まれている。

 

 
3年生学生実験の様子(平成24年6月、物質機能化学実験)

 物質合成化学・物質機能化学・化学プロセス工学の3つの分野にわたる専門選択科目は,主として3年次から4年次に開講される。 また,各分野における最新の学問の進歩に対応するため,学外の専門家による特別講義が集中講義として開講される。実験科目はすべて必修であり, 基本的な実験手法を身につけるとともに, 講義・演習で学習した内容を, 実験を通じて体得することを目標としている。

 専門科目で学ぶ化学技術は産業と密接に関連している。産業界において化学者・化学技術者は,産業災害を防ぎ, 人間の健康と地球環境との調和を図ることが重要な役割であることを認識する必要がある。そのため,安全工学, 地球環境化学などの科目の中で,有害物質・危険物の取り扱いや,災害防止,環境問題などについて様々な観点からの講義が行われる。また,科学者, 技術者として必要になる価値観, 倫理観を身につけるために技術者・科学者の倫理が教養教育科目の必修科目として開講される。社会的・職業的自立に向けた就業力を育成するためにキャリアプランが教養教育科目の必修科目として開講され, 産業の分野で実習を行う短期インターンシップ(学外学習)についても選択科目としての単位が認められる。さらに2年次の教養教育科目として開講されるニュービジネス概論や2年次の学科共通科目として開講される労務管理, 生産管理などの一連の科目により, 産業界への視野を広め, 経営や起業について学ぶことができる。

 卒業研究は必修科目である。4年次進級を認められた者は各研究室に配属され, 各自の研究テーマについて研究実験または理論研究を行い, その成果を自力で卒業論文にまとめるよう指導を受ける。そのため, 各研究室では, 海外の学術文献の読解力を身につけるための原著輪講(雑誌講読)に力を入れている。卒業論文発表会は学部課程の最終試験を兼ねており, 専門学会での学術発表を行えるレベルを目標とする。
 

大学院進学について

 高度に深化した現代の化学および化学工業, ならびに化学が関連する緒産業においては, 日々, 様々な変化が生じている。実際的な業務を現実に即して的確に行うためには, 知識と経験を重視する学部教育にとどまらず, 生じ得る諸問題に対して確実に対処できる実践的な問題解決能力を涵養する大学院レベルの教育が必要になっている。諸分野でのグローバル化に適用できる国際感覚をもった個性を築き, 実社会で活躍するためにも, 大学院への進学を勧める。
 応用化学システムコースでは, 大学院博士前期課程までを体系的に学ぶ「6年一貫カリキュラム」も予定している。「6年一貫カリキュラム」は高度化する理学・工学分野の多面的な要素を修得させるため, 6年間を通した柔軟なカリキュラム編成を特徴とする。学部4年次から大学院博士前期課程の学修時間を, 大学院授業科目への接続科目や大学院授業科目の先取り履修, 卒業研究から修士論文研究への融合展開, 英語コミュニケーション, 海外留学や海外インターンシップ又は国際学会研究発表等に充てることにより, グローバル, イノベーション人材の養成に先鋭化させたプログラムである。
 早期卒業の大学院入試については, 平成28年度入学生は先端技術科学教育部を受験することができる。
 なお, 応用化学システムコースでは, 大学院での教育研究で化学, 応用化学, および化学工学に関する基礎的な知識を必要とするので, 個々の学力をはかるために一般入試による入学試験を実施する。推薦入試は実施しない。また, 大学院への飛び入学に関する3年生対象の大学院入試は実施しない。

理工学部・大学院先端技術科学教育部 履修方法・カリキュラム

詳細はこちらです(理工学部ホームページ:授業概要(専門科目シラバス)・履修の手引き・シラバス検索)。


授業科目と授業時間

授業科目別授業時間および各授業科目の学習・教育目標一つ一つに対する関与の程度

平成21-22年度入学 平成23-24年度入学




授業時間とその内訳

平成21年度入学 平成23年度入学




授業評価アンケート

 応用化学システムコースでは平成8年度に第1回の学生授業アンケートを行い、平成14年度後期からは工学部共通評価シートによる学生授業アンケートを実施している。工学部共通評価シートの評価結果の平均点(過去5年)を下記に纏める。平成21年度からは講義・演習と実験を分けて集計しているので、2つの表に分けて示す。対象は学部で開講されている講義、実習、実験科目であり、各年度で実施科目に若干の差異はあるが、各年度の結果を反映している。

授業評価アンケート




教育点検・改善のウェブページ

 本ページは、応用化学システムコースにおける教育点検・改善の取り組みを大学内のみならず広く社会に向けて公開するとともに、教員、学生および一般のウェブページ閲覧者からの意見・要望などを取り入れ、よりよい教育体制を確立していく為に設立されたものです。 閲覧者からの意見・要望は、工学部内に設置されている教務委員会、FD委員会、自己点検・評価委員会ならびに化学応用工学科内のFD委員会、自己点検・評価委員会、教育検討委員会において検討し、教育点検・改善の取り組みへと反映されます。 本ページおよび応用化学システムコースにおける教育点検・改善の取り組みに対する、御意見・御要望などございましたら、

まで御連絡下さい。