• 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

理工学部理工学科応用化学システムコース・ 大学院先端技術科学教育部 物質生命システム工学専攻化学機能創生コース

ENGLISH

物質合成化学講座

A-1グループ(有機合成化学)

メンバー

当研究グループでは,以下に示すような私たちの生活に役立つ有機化合物の合成とその基となる新反応の開発,及びそれらの基礎化学研究に取り組んでいます。

  1. パイ電子系化合物の構造と反応性および利用開発に関する研究:「イオンラジカル」−聞き慣れない言葉かもしれません。こういう名前の反応活性な物質が存在します。 これらは電気的に元とは逆の性質を持っているため,合成化学的価値は高いものです。 特にパイ電子系化合物から光や熱,電気による刺激でこれらを発生させ,詳しく調べています。 さらに特異なパイ電子系化合物として,サッカーボール分子フラーレンを電子の貯蔵庫として用い,種々の反応の活性化・機能開発・・・・を試みています。
  2. 有機金属化合物を用いた芳香族化合物との炭素−炭素および炭素−ヘテロ原子結合形成反応による含酸素・含窒素複素環式化合物の合成:例えば健康食品などに含まれ,最近おなじみのベンゾフラン化合物,イソフラボン誘導体等の合成研究を行っています。 新しい試みとして, 家庭用電子レンジマイクロ波による環境適応型有機合成も検討しています。
  3. 新規立体選択的反応開発と応用:科学の発展に伴い社会から求められる医薬品等の生理活性物質は,複雑な分子構造と多数の不斉中心を持つ化合物が増えています。 これらを合成しようとした場合,これらに含まれる個々の不斉中心の立体選択的合成がとても重要な問題となります。 そこで,合成中間体として極めて有用な2‐イソオキサゾリンと呼ばれる化合物の立体選択的合成法の開発を行っています。 また各種選択的に合成できた2‐イソオキサゾリンから,連続する不斉中心を有する鎖状化合物への変換反応の開発研究も行っています。

A-2グループ(高分子化学)

メンバー

省資源,省エネルギーへの問題意識の高まりは,高分子化学にも大きな変革をもたらしつつあります。また,エレクトロニクスやバイオメディカル,航空宇宙分野に用いられる高分子材料には,要求性能の高度化が日々求められています。このような観点から,いま,大学で行われる基礎研究は,何ができるでしょうか。私たちの研究グループは,高分子の精密合成と,それを支える高分子特性解析の研究で,人類の科学技術に貢献したいと願っています。

  1. ビニルモノマーのラジカル重合による高分子設計と構造規制。
  2. 核磁気共鳴分光法(NMR),質量分析法,クロマトグラフィーを用いた高分子キャラクタリゼーション。
  3. 超臨界流体クロマトグラフィーを用いた高分子の分離精製と,それによって得られる「均一ポリマー」の構造と物性に関する研究。
  4. 保護基を用いる縮合反応をベースにした高分子の精密合成。

詳しくはA-2グループのホームページへ




A-3グループ(有機材料合成)

メンバー

私たちの生活は,医薬品,農薬,化学肥料,合成繊維、プラスチックなど様々な有機化合物に支えられて成り立っています.私たちの研究グループでは,これらの有機化合物を効率よく,環境にやさしい手法で合成するための反応の開発および今までにない新しい機能を持った有機化合物や有機材料の合成とその機能評価を行っています.

  1. 環境に調和した有機合成手法の開発
  2. 酵素類似機能を有する有機分子触媒の開発
  3. マイクロリアクタを利用した不安定化学種の有機合成への活用
  4. 熱応答性高分子およびハイドロゲルの合成
  5. 高分子固定化触媒の開発
  6. 可視光LEDを利用したフォトレドックス触媒反応の開発
  7. 立体選択的分子変換を実現する不斉触媒の開発
  8. 遷移金属錯体を触媒とする反応の開発

※今田教授,南川准教授は,平成25年4月より,以前までのA-4講座からA-3講座へ所属が換わりました.

詳しくはA-3グループのホームページへ