2013年度

研究室行事

期 日 行 事 等 備 考
2014.3.24 卒業式・修了式(於:アスティとくしま)   
2014.2.27 平成25年度 修士中間発表会  
2014.2.20 平成25年度 卒業論文発表会  
2014.2.17-18 平成25年度 修士論文発表会  
2013.12.13 第18回 徳島地区分析技術セミナー(徳島地区講演会)  
2013.11.13-15 第33回 キャピラリー電気泳動シンポジウム(東京)  
2013.11.11-13 第24回 クロマトグラフィー科学会議(東京)  
2013.11.9 学科ソフトボール大会(吉野川河川敷)  
2013.11.7 薮谷先生 若手研究者学長賞(徳島大学)を受賞  
2013.10.21-23 第3回 CSJ化学フェスタ2013(東京)  
2013.9.21-23 おもしろワクワク化学の世界 '13徳島化学展  
2013.9.20 徳島地区講演会(講師:熊本大学 戸田先生)  
2013.9.13 第13回 エンジニアリングフェスティバル(徳島)  
2013.9.10-12 日本分析化学会 第62年会(東大阪)  
2013.8.31-9.1 中国四国支部 第19回分析化学若手セミナー(淡路)  
2013.8.22-24 CJK Symposium on Analytical Chemistry (Fukuoka)  
2013.8.22-24 ASIANALYSIS XII(Fukuoka)  
2013.8.10 森本君(H24年度卒)の研究が,Hot Article Awardを受賞しました  
2013.8.1-2 第50回 分析化学講習会(松山)  
2013.6.18 学科ボウリング大会(スエヒロボウル)  
2013.6.14 プラズマ分光分析研究会 第88回講演会(工業会館)  
2013.6.6-7 日本海水学会 第64年会(甲府)  
2013.5.18-19 第73回分析化学討論会(函館)  
2013.4.3 新年度スタート  

修了生,卒業生−2013

  氏 名
MC2 猪井 勇志,西前 真治
BC4 斉 傲晨,島上 夏美,富山 裕紀,中野 祥孝,野添 宏介,米田 麻依,山内 康平
就職先 (2011-2013年度,五十音順)
赤松化成工業,大倉工業,科研製薬,環境創生テクノス,京都微生物研究所,神戸工業試験場,讃岐化学工業,材料科学技術振興財団,サラヤ,住友金属テクノロジー,大鵬薬品,多木化学,ダナン大学(ベトナム),長生堂製薬,ツルイ化学,徳島大学,富田製薬,西野金陵,フジワラ化学,ユニチカ,四電エンジニアリング,理研ビタミン,ルナネクサス
進学先 (2011-2013年度,五十音順)
徳島大学大学院(博士前期):7名

学会等発表−2013

  • 猪井勇志
    2,3-ジアミノナフタレン誘導体化/HPLC-蛍光検出を用いるCr(VI)及びSe(IV, VI)のスペシエーション法の開発
    第18回徳島地区分析技術セミナー,2013年12月 (徳島).
  • 金田 隆,金地啓介,武安伸幸,高柳俊夫
    二波長検出による多重標識タンパク質の等速電気泳動分離
    第33回キャピラリー電気泳動シンポジウム,2013年11月 (東京).
  • 高柳俊夫,小倉絹代,薮谷智規
    ジピクリルアミネートイオンのK+,Cs+との選択的沈殿に関する考察−キャピラリーゾーン電気泳動法による水溶液内イオン会合反応の解析から
    第33回キャピラリー電気泳動シンポジウム,2013年11月 (東京).
  • 高柳俊夫,森本雅紀,薮谷智規
    ミセル動電クロマトグラフィーによるグラフェンと酸化グラフェンの分離検出
    第24回クロマトグラフィー科学会議,2013年11月 (東京).
  • 鈴田崇仁,山田洋平,薮谷智規,高柳俊夫,鈴木良尚
    リゾチーム単結晶への金属酸化物前駆体の含浸
    第3回 CSJ化学フェスタ2013,2013年10月 (東京).
  • 小西雅志,隅 英彦,明槻伸介,藪谷智規,高柳俊夫
    過酸化水素を溶離液とするイミノ二酢酸型キレート樹脂からのV, Mo, Wの回収
    第3回 CSJ化学フェスタ2013,2013年10月 (東京).
  • 高柳俊夫
    界面活性剤ミセルを擬似有機溶媒として用いる水系分離分析
    第13回 エンジニアリングフェスティバル,2013年9月 (徳島).
  • 薮谷智規
    テルルの簡易定量およびスペシエーション分析法の開発
    第13回 エンジニアリングフェスティバル,2013年9月 (徳島).
  • 渡邊敏夫,中野祥孝,山田洋平,薮谷智規,安澤幹人,高柳俊夫
    グルコースオキシダーゼの電解析出に対する電極表面の疎水性効果
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • 西前真治,岸田千紘,薮谷智規,高柳俊夫,平野朋広,右手浩一
    末端官能性高分岐ポリマー電解質を用いたポリイオンコンプレックスの形成に基づく溶存有機物の回収
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • 高柳俊夫
    電気泳動移動度測定による溶液内反応解析−キャピラリー電気泳動法だからこそできること−
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • 平林和久,土岐裕子,高柳俊夫,長野哲雄,花岡健二郎
    ケイ素置換フルオレセインの化学平衡式に基づく赤色蛍光プローブの精密設計
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • 山田洋平,鈴田崇仁,薮谷智規,James Metson,David Williams,永瀬丈嗣,高柳俊夫
    フェリチン結晶を鋳型とした多孔質材料創成の試み
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • 猪井勇志,木村あゆみ,薮谷智規,高柳俊夫
    2, 3-ジアミノナフタレン-塩酸ヒドロキシルアミンとの反応に基づくクロム(VI)及びセレンのHPLC-蛍光同時定量
    分析化学会第62年会,2013年9月 (東大阪).
  • Y. Yamada, Y. Ohnishi, M. Nakashima, K. Tanaka, T. Watanabe, H. Sakuraba, T. Takayanagi, and T. Yabutani
    Amperometric Determination of Branched Amino Acids by High Performance Liquid chromatograph with L-leusine Dehydrogenase / Diapholase Immobilized Electrode as A Detector
    RSC Tokyo International Conference 2013 -Analytical Biochemistry & Biophysics-,2013年9月 (Chiba).
  • T. Takayanagi
    Aquatic Analysis of Bromate Ion and Perfluorinated Surfactants on the Basis of Photometric Detection for Environmentally Friendly Analysis
    The 2013 China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry,2013年8月 (Fukuoka).
  • T. Yabutani, C. Mukuta, M. Kamikura, M. Konishi, Y. Yamada, and T. Takayanagi
    Selective separation of oxoanion-forming elements adsorbed on solid states by using hydrogen peroxide as eluent
    ASIANALYSIS XII,2013年8月 (Fukuoka).
  • T. Takayanagi, M. Morimoto, and T. Yabutani
    Micellar Electrokinetic Chromatography of Graphene and Chemically Modified Graphene
    ASIANALYSIS XII,2013年8月 (Fukuoka).
  • S. Nishimae, Y. Isobe, T. Yabutani, T. Takayanagi, T. Hirano, and K. Ute
    Polyion complxes formed between hyper-branched polyelectrolytes synthesized by Ininiator-Fragment Incorporation Radical Polymerization method
    ASIANALYSIS XII,2013年8月 (Fukuoka).
  • Y. Inoi, A. Kimura, T. Yabutani, and T. Takayanagi
    Fluorimetric determination of hexavalent chromate ion using 2, 3-diaminonaphthalene and hydroxylamine hydrochroride
    ASIANALYSIS XII,2013年8月 (Fukuoka).
  • T. Takayanagi, K. Ogura, and T. Yabutani
    Ion-Association Analysis of Dipicrylaminate Ion in an Aqueous Solution by Capillary Zone Electrophoresis
    ASIANALYSIS XII,2013年8月 (Fukuoka).
  • 平林和久,土岐裕子,高柳俊夫,長野哲雄,花岡健二郎
    ケイ素置換フルオレセインの化学平衡式に基づく赤色蛍光プローブの開発
    日本ケミカルバイオロジー学会 第8回年会,2013年6月 (東京).
  • 薮谷智規
    ICP-OESおよびICP-MS概論
    プラズマ分光分析研究会 第88回講演会,2013年6月 (徳島).
  • 薮谷智規,上村美貴,椋田千景,山田洋平,高柳俊夫
    海水中Cu(I)/(II)の化学種形態別定量法の開発
    日本海水学会 第64年会,2013年6月 (甲府).
  • 薮谷智規,上村美貴,椋田千景,山田洋平,高柳俊夫
    海水中一価および二価銅イオンの形態別定量に向けた現場固相抽出法の開発
    第73回分析化学討論会,2013年5月 (函館).
  • 渡邊敏夫,山田洋平,薮谷智規,安澤幹人,高柳俊夫,本仲純子,桜庭春彦
    Bacillus subtilis CotAの電解析出に及ぼす電極表面の疎水性効果
    電気化学会第80回大会,2013年3月 (仙台).

アルバム−2013

祝 修了・卒業(3月)


各方面での活躍を期待しています


薮谷先生 若手研究者学長賞を受賞(11月)


おめでとうございます
CSJ化学フェスタで発表してきました(10月)


ポスター発表会場 にて
講座旅行で淡路島に行きました(10月)


あわじ花さじき にて
おもしろワクワク化学の世界 '13徳島化学展 で出展しました(9月)


オキシドールの実験
分析化学会 第62年会で発表してきました(9月)


於 近畿大学
ASIANALYSIS にて研究発表(8月)


九大で 「英語で」 発表してきました
産総研 朱 先生と

ボーリング大会(6月)


小西君 幹事 御苦労さまでした
新年度開始(4月)


ベストを尽くして,研究を進めていきましょう